お線香の選び方について

一口にお線香と言っても、今では様々な種類があり、選び方に迷う人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はあまり難しく考えず、本人や家族の好きな香りで選んで構わないものなのです。お線香の香りも多種多様で、杉や白檀などの伝統的なものから、ラベンダーやローズなどの草花、チョコレートやコーヒーといった変わり種もあるようです。

香り以外にも、掃除がしやすい灰が固まるもの、煙が苦手な人や集合住宅でも使いやすい煙の少ないものなどもあるので、機能面で選ぶ方法もあります。お線香を選ぶということは、自分のお気に入りを探すということだと言えるでしょう。

人を魅了するお線香やお香の香り

お香やお線香の香りには、不思議と人を魅了する力があります。その力はどこから来るのかということですが、第一に考えられるのは自然の物からできているという事でしょう。

お香とお線香は同じものから作られます。香木から作られ、その木自体から芳香を持っています。なかでも知られているのが、白檀です。インドやインドネシアなどで栽培されています。アロマテラピーでは、サンダルウッドと呼ばれている香です。

他にも、水に沈むと香りのする沈水香木があります。さらに原料としては桂皮や安息香に丁子があります。他にもいろんな種類がありますから、お香や線香を香道のように楽しんで見てはいかがでしょう。

冠婚葬祭に役立つお線香について

冠婚葬祭に役立つお線香の使い方については、数多くの媒体で紹介が行われることがありますが、常日ごろからニーズの高い商品のメリットをしっかりと理解することがおすすめです。

とりわけ、進物用のお線香に関しては、様々な立場の消費者にとって、お贈りしたい贈り物として扱われることがあります。

もしも、進物用で贈るお線香はどのようなものが良いかなど迷っていることがある場合には、専門的な知識が必要となることがあるため、各店舗の担当者に相談をすることが良いでしょう。そして、リーズナブルな価格のアイテムのメリットやデメリットを短期間のうちに把握することがよいのではないでしょうか。

お香とお線香の違いは何かという質問について

お香とお線香の違いについてみていきましょう。

お香は、香りを楽しむ事が主目的なので、強めの香りが出るよう作られています。

お線香については、本来の使い方は仏様にお供えをする事です。香りは、亡くなった方への食物で、香りによって現世の人間のけがれを落とし、来世とのつながりを作り出すという意味があります。

お香とお線香の違いは何かという質問が良くありますが、現在は、2つの違いはほとんどありません。成分が、違うことくらいです。

お部屋で使う場合のお香やお線香は、リラックス効果のある香り成分などいろいろな成分が入っています。形状はいろいろあります。コーン型、スティック状、渦巻き型など。お寺での仏事の時にも、燃焼時間の違いによって、形を使い分けています。

お線香の関連ページ