進物用にお線香を贈られる際の表書きの書き方

お線香を進物用にお包みになる際の表書きの、のしの書き方についてご存知でしょうか。故人が亡くなられてから四十九日までは「御霊前」になり、四十九日を過ぎますと「御仏前」となります。しかしお供えする時が四十九日を過ぎるかどうかまだわからないと言う場合は、「御供」とお書きになって下さい。

また年忌法要の際にお線香を進物にされる場合に付きましては、「御供」もしくは「御仏前」とお書きください。この様に御供する時によりのしの書き方が変わります。

また仏事にかかわる贈り物と言うのはより心に響く物なので、お線香をお送りになるのであれば香りのよい物がおすすめとなります。

ネット通販サイトで賢くお線香をゲット

お線香は毎日、欠かさずに利用するものです。そのため、買い置きが無くなってしまう事もしばしば、ついうっかり買い忘れていると、大事な仏壇が寂しい状態になってしまいます。買い忘れを防ぐためには、定期的に購入する事が大事です。

実店舗だと、ついうっかり買い置きを買い忘れてしまいます。一方、ネット通販サイトでしたら、欲しいと思った時に、いつも愛用しているお線香が確実にゲット出来ます。

またネット通販サイトには多彩なメーカーのお線香があります。いつも愛用しているブランドとは別の製品を試しに買ってみるのも面白い事でしょう。

昔ながらのブランドお線香は安定した使い心地

お線香とは、仏事を行うときに仏前で焚かれる線のように細いお香のことを言います。

昔では当たり前のように行われていた仏事も、最近では軽率に扱われることも多々あるようです。特にお線香は、煙や香りが気になり控える方もいらっしゃる程です。しかし行うにも理由があり、邪気を払い仏前を清め、心を落ち着かせてご先祖様を供養してくれる大切なものです。やはり、なくてはならない存在と言えるでしょう。

昔ながらのブランドを持つお線香の中にも、香りにバリエーションを持ち選びやすくなっています。また、煙の量を調節しているものもあり、かなり使いやすくなっています。ブランドあるものだからこそ、品質に安心感を持って使用することができます。

お線香には功徳があります

お線香とは仏様や先祖に香りをお供えするものです。

お線香をお供えする事で、仏様や先祖に対して感謝の気持ちを表す事で仏様からの功徳を積む事が可能と言われています。

お線香には様々な種類があり、昔からある物から最近では花の匂いなどがする物まで様々な商品が線香メーカーから販売されています。宗派にもよりますが、多くの宗派では線香の種類は問わない場合がほとんどです。

中には故人が好きな匂いがする線香を推奨する宗派もあります。線香は仏壇屋さんだけでなく、寺院やスーパーマーケット、ネット通販サイトでも購入する事が可能となっています。

お線香の関連ページ