賃貸2

賃貸とは賃料を取り、物などを相手に貸すという意味です。不動産の取引などでよく使われています。

一般的に賃貸物件は時間の経過と共にその価値が落ちていきます。住み心地が良ければ、転居する可能性も低くなるので、新築以外で良い物件を探すのは難しいかもしれません。

賃貸物件を探す時は、住みたいエリアを最初に決めていると探しやすいかも知れません。職場や学校、病院や駅が近いところなど、自分の生活環境にあった場所が便利です。

駅の近くや主要都市、人気な場所は基本的に家賃が高くなります。

賃貸契約の違約金について

賃貸契約をするときには期間を定めるのが一般的ですが、期間内に解約を行うことによって違約金を支払わなければならない事が多いでしょう。この違約金というのは、現在では賃料の3ヶ月分が妥当だと考えられています。

これには民法なども絡んできますから、妥当性を追及するという事は難しいのですが、損害ということを考えることが多いようです。

違約金というのは、何らかの理由があって賃貸物件の大家さんが損害を受けたときに、それを埋めるためのものだと考えられます。

途中で賃貸の解約をする事によってどれだけの損害が発生したのかということを計算するのは難しいのですが、本来は得られるはずの賃料収入を得られなくなるということですから、一定の損害が発生しているということには違いはないでしょう。

その金額の妥当性を示すことは難しいのですが、3ヶ月くらいあれば次の入居者を見つけることができるだろうと考えられることが多いのです。

次の入居者が見つかれば大家さんとしてはそれ以上の損害が発生することはないわけですから、そこまでの損害だと考えて、3ヶ月が妥当だと考えられています。

裁判でも3ヶ月分までは認められているようですから、現実的な水準としては3ヶ月分が妥当だと考えておくのが良いでしょう。

更新日-2011年12月15日